2011年05月23日

嘘と嫉妬

嘘をつくのはいけないことだと言う人がいる。

嘘つきは泥棒のはじまり。

人を騙すヤツなんてのは、最低のクズだと。だから誠実に生きなさい。嘘などつかずに正直に―と。
まぁそれはそうなんだろうね。僕にそれを教えた教師が既に嘘つきだという最大の矛盾は置いといてさ。

結局、嘘をつかない人などいないし。
だとすれば騙されるより騙す側に回りたい。
人を騙す奴はと一般化するのは建前で、
本音を言えばオレを騙す奴は悪だ―とそういうことなんだろうと思います。

嘘つきの中にもいろんな人がいる。
呼吸をするように嘘が出てくる人。明確な悪意を以て嘘をつくひと。嘘を嘘と自覚していないひと。などなど。言語なんて、わかったようでわからないツールでコミュニケーションをはかるのが人類です。誤解曲解なんでもあり。新説、人類は実は宇宙人だった!みたいなトンデモ話、だってそれって普通の話でしょう?

僕が確実に嫌いなのは、無自覚な嘘と悪意のある嘘だ。思わずそれは嘘だぁと指をさしてしまいたくなる。たとえそれが電話越しでもね。
悪意がなければ赦されるなんてのはとんだ勘違い。むしろ目的意識のはっきりした悪党の嘘のほうが理屈が通っている。

嘘じゃない、信じてくれ。

信じるよ。それは嘘だ。
ひとかけらの疑いもなく嘘だと信じた上で聞いてやる。それで、何の話だっけ?





時計を壊したショックのあまり、時計を買いました。これはもう意味がわからない。
いえね、スペアのクォーツは親父に借りパクされて、年季の入ったGショックは時計自体無事だけと表面のゴムが劣化して破損して、どうにもならない感じだったわけですよ。

そこで新しいGショックを買うところがいかにも僕だ。丈夫だぞぉ。象が踏んでも壊れないんだぞぉ。
象は意外に慎重派だからGショックが道端に落ちていても踏んだりしないという説もあるが。どうなんでしょう。

時計は不思議です。いいものを見ると際限がない。
宝石に夢中になる気持ちはさっぱりわかりませんが、
アナログ時計のメカニカルな機構やユニークなデジタル時計のデザインにはにやにやするものがありますね。

実は腕時計って下着やメガネより確実に長く付けている部品なんですけど。
最近は時計が無くても平気だっていうんだから不思議だわ。
忘れるとかあり得ないんだけど、つけてないと落ち着かない。すっごいそわそわする。強迫性神経症みたいに。

そういう意味では腕に巻きつけられるならなんでもいいはず。
でもなんでか、
同じようなデザインの時計を好むんですよね。不思議。

時計を趣味にすると高いから、
せっせとへそくりを貯めて納得の一品を購入したいですね。





靴、かばん、メガネ、時計。
なんだか身の回り品ばかり買って、はいおしまい!みたいな買い物が多いです。
社会人なんてそんなものよね。
欲しいもの買っても使う機会がないというのは切ないもんさ。
posted by Teddy at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

水はこわいよぅ

昔から寝起きサイアクなワタシ。
今朝も呆としてまして、シャワーを浴びた際に外した腕時計をそのまま洗濯機に放り込み、回してしまいました。
まぁそれ自体は。あれだ。普通のアクシデントなんですが(そうか?)。
不幸にもリューズが緩んでいたため防水機能が発揮されず、回収したら文字盤が水没していたというね。

おいおいおい。どうしてくれんのよさ。

テンションだだ下がりですぅ、もーぉ。アホかこの馬鹿たれめがっ!

一日不幸な気持ちで過ごして、修理に持って行きました。その額約3万円。何かの冗談かと。
頑丈な時計は壊れにくい半面、やられてしまうと直すのが大変です。

たぶん保険が効く類の事故ですけど、
内容からしてモラルくさいのは間違いないのでいかに真実だとして報告しづらい…。





おまけに歯医者です。ドリルしてきました。
結構でっかく穴を開けたので違和感が強いです。
この子が大物だったのですが、削り過ぎて来週まで仮蓋でもつのか、とても心配だ。

あがーってくちを開けていたら、だんだん疲れてきたのと麻酔が強かったのとでほほが引きつりまして。すごいぴくぴくしていたのね。

そしたらさ、

「はーい、楽にしてくださーい」

とか言われるわけです。

ふむ。なるほど、と思って楽にするじゃないですか。するとくちが閉じるわけですよ。

「はーい、開いてくださいねー」

となるわけです。よっしゃ。あがーっとくち開くじゃないですか。するとまたくるわけですよ。ぷるぷるが。ぴくぴくが。

なんだこの無限連鎖は。びっくりしたよ。

そして歯医者さんの治療よりも歯科衛生士のお姉さんの容赦ない感じが印象的です。歯形とるときに、なんかぐにぐにしたものを噛まされるのですが、今日のお姉さんは一休さんみたいなことを言うわけです。

「軽く歯でささえてください。噛み過ぎないように、でも崩れないようにしてくださいね」

挙句、椅子を寝かせてタイマーセットの放置プレイ。軽く噛んでしかも崩れないようにって、上向かされた状態でゲル状のものをくちに放置されたらそりゃもう「私を食べて!」といわんばかりに垂れてくるじゃないですか。おおこりゃいかんと噛むわけだ。噛み過ぎか?っていうか噛もうが噛むまいがすっごい垂れるよ。飲んじゃうよ。

「はぁーい、とりますよー。」

「…。」

「はぁーい、もう一度いれますねー。今度は椅子、おこしまぁーす」


何の説明もなしにやり直しに入ったお姉さんが素敵です。いや、下の歯型は二つとる必要があったのでしょう。きっと。っていうか最初から椅子はおこしとけ。

んで。

時間がかかっちゃったからだろうけれど、剥がす時も痛いかどうかとか確認せずに、「はぁい、動かないでくださいねー」とか言っちゃってぐいぐい引っ張るわけ。今日は削ったときに出血致しまして、正直に言えば痛かったんですけど。お姉さんの目がなんだか実験動物を見るようなアレだったので涙目がまん。

どきどきしたよ、ほんと。

歯医者なんて行くもんじゃないですね。
飯抜きだからってチョコレート舐めてる場合じゃないよ。





それにしても時計がショック過ぎます。
寝ぼけているのはもう諦めてますけどさ。朝から洗剤にまみれる覚悟があれば無事回収できただろうに。

みなさんも事故には気をつけましょうね。あと保険は入っておいた方がいいと身を以て体験致しました。洗濯しちゃう例は稀かもしれませんがねー。
posted by Teddy at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

オンとオフの境目

いきなり休みになって、手持ち無沙汰ではあるのですが。
会社に行かなくてもいいというのは、素敵なことですね。
ここぞとばかりに贅沢してやった。

それなりに幸せで、そこそこに虚しい。

明日からまた頑張りましょうね。
posted by Teddy at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。