2012年05月21日

Accounts

決算発表しました。先週。ひどいもんです。

個社で11億円の赤字、グループ計で60億円の黒字。微妙すぎる…。
これでも04年以降で一番多く売上幅は伸びているハズらしいのですが、そもそも規模が縮みすぎている。損益分岐点の下側でどれだけ伸びようが無意味だよね。

普通の会社は売り上げがあって、使った経費があって、残るのが利益ですけど、
うちみたいな会社は順序が逆転するのでちょっと特殊です。
経費が先に存在して、売り上げが幾らだったから、残ったこれだけ儲けだね、という順番ね。

厄介なのがこの経費の量で、
実際にかかったコストと、これから確実に発生するコストをそれぞれ難しいリクツにしたがって足しますから、なんというか、わかりにくいのです。儲かっているのか損しているのか、が。

業種的に会計ルールとしてやがて発生するコストをあらかじめ計上していいことになっているのですが、
その逆、実際に発生したから繰り戻しますね、の手続きには社員からみても謎が多い。ブラックボックス。

100億円儲かったけど来年払うから90億円を貯金したところ10億円しか儲からなかった、という発表も出来るし、
70億円の赤字だったけど去年貯金した90億円を繰り入れるから20億円の儲けが出た、という発表も出来ます。

いや、勝手に戻しちゃダメなんだけど。
戻すルールが「予定の比率より事故頻度が高かったら」とかだから、基本的に本業で赤字になれば貯金を崩していいわけです。株とか債権の有価証券で大損した場合はご臨終ですけど。

各社の比較もみましたけど、まぁ皆さんやせ我慢すること。
業界的な傾向は似たようなところです。
利益の入り繰りなんて、どの会社でも大なり小なりあるものでしょうが、
いろんなことを考察しながら財務諸表を眺めるのは結構面白い作業のように思っています。

就活の学生さんはIR資料とかみればいいのに。会社のパンフレットよりは正直に会社の自己紹介カードが載っていますよ。読むのにちょっとコツがいるけどね。





ていうか、外部の人間からして誤認する決算に何の意味があるのでしょう。
と思ったけど国家の予算も似たようなもんなわけで、
なあんだ、やってることはどこも大差ないのだと暗い気持ちになる。
posted by Teddy at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

糸の切れた凧

自由であることは波にただようクラゲや、子供の手放した風船みたいなもの。
気ままと勝手は別物だろうし、
単に自由なだけでは何をすればいいのか見失う。

目的のある不自由な自由が、きっと楽だ。







えー。いまどこにいるかというと、京成スカイライナー八号車の通路側です。いやガラガラだけど。
成田からホノルルまで。またかよ。
別に誰かの結婚式とかじゃあないです。

この前、インドネシアのバリ島にいきました。たぶん、ビーチリゾートとしてはバリ島のほうがグレードが高いように思います。何より安い。

だったら何故か。単にジャカルタに行くから南下を避けただけです(笑)

つーか休暇を潰すたびにどこか飛んでますね。お金とか貯める気がないとしか思えない。なのにカネがないとかバカじゃないのかと。

まあ、これで異動が国際線の空港に遠い場所だったら数年は遊びに行けんのでしょうから良いことにしておいてください。
posted by Teddy at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

後ろを見てばっかりだ

4月全く更新してない件。
書くこと自体は自己満足だから別にいいんだけど、ネタがないのが何より驚くね。というか参るね。

何をしているのか。
何もしていないんです。実は。しいて言うなら生存か。ナンダヨ生存って。

花見に行ったり、中華街に行ったり、八景島に行ったり、蔦屋書店に行ったり、ヒカリエに行ったり、イベントだけ並べると遊びまくっているようですが、当人的にはあんまり興味をそそられる出来事ではないのです。なんだろう、感覚的に近いのは義務感だろうか。





4年間。
いつまでも学生気分の抜けない僕からすれば、大学をもう一度卒業するに足りる年数が過ぎていたという事実は驚きだ。
惚と過ごしていたわけではないけれど(少なくとも自己認識として)、
時間の経過を忘れるくらいには熱中していたように思う。

僕が社会人として培った成果は、一言で言って運がいいことに由来する。
無論、なし得た事実は僅かばかりのプライドを以って実力だということにしておくけれど、その采配とめぐり合わせはただの運に過ぎない。
まるで物語のように。話は次にすすむ。

就職活動には余裕があり、1年目は広域災害とヘビークレームを経験し、2年目にはリーダー役、3年目でチーフに上がったと思ったら地震が来て、4年目はなんでも屋。恵まれた環境から、大変使い勝手のいい社員に育ててもらった。

なんだ、そんなこと。
新米の社会人とってべつに特別なことではないのだろうけど、震災をターニングポイントとして、モデルケースとイレギュラーケースの両方を知り、両方を体験できたことは幸福なことなんだろう。

会社の名札を借りるのは面白い。
一個人では実現不可能なことができる。課される責務は等価値どころか明らかに過剰だけど。でもそれでも、普通じゃできないことができる。
もっと冴えたやり方は無いのかと行動の未知を埋めるうちに1年が終わり、2年が経ち、4年が過ぎた。困ったことにこの作業、一定の制限はあるものの果てが無い。だからいつまでだって関わっていられる。

我ながら恐ろしい思考だけど。
ここまで続いたのはきっと興味と好奇心が原動力なんだろうし、それに際限がないというのはもう本当にどうしようもない。

やりたいようにやる。選びたい手段が無ければ作る。
僕にとって仕事はその繰り返しでしかない。

こんなものを楽しんでいる僕の世界はきっと狭くて退屈だ。
ポケモンを見たことが無いからずっとテトリスで遊んでいる子供。そんなイメージ。

打開にはもっと人生的なナニカが必要だろう。





つまんねー人間だなと思うわけです。
先日もAmeliaと話していて思いましたが、仕事の話くらいしか突っ込みどころのない自分がいるわけです。おいおいそりゃ17時前の話題でしょうよ、もっとなんかこう、イブンカコウリュウ的な話題ってないの、貴方。みたいな。

世間話にしても精々、よそ様で評判のスポットを訪れてみたり、体験してみたりが限界で。お前はどこのマニュアルくんですか。

だからほら、義務感。ね。

殊更にいうことではないのですが、想像力を働かせるトレーニングをよくやります。仕事柄。会社のカネを盗った「犯人」を追い詰めるときもありますのでね。
その応用というか、人の行動を推理することも多いのですけど(how ないし why)、日常的にそんなこと推論すると、なんでもやった気になってしまうのがよくない。参考書を買うと勉強した気になる現象。

うーん。

なんだかそれも物ぐさな自分への言い訳にしかなっていないように思えますが、、、
なんというか、結局、根源的なところで出不精な自分が首を絞めているんだよ。

つまり、4月もよく働きましたということです。
きっと今月もよく働くし、来月も結構働きます。

プロ社畜まじぱねー。
posted by Teddy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。