2011年07月28日

コーヒーブレイクが必要

フレームワークとか、フローチャートとか、あんまり好きじゃないんですけど。
いざ仕事をしていると結局そこに辿り着くということを学習しました。

今週からようやく元の仕事に戻り始めたのですが、
見事に二足のわらじ状態で早くも死にそうです。

誰が何をして、結果何が問題となるか。

仕事なんていうのは日々試行錯誤の繰り返し、
エラーが起きては火消しに奔走する毎日です。
人間を1人の燃料だと考えたときに、
個性を無視してどれだけ数量で表現できるか。優秀なマネージャーの考える業務効率とはそうしたものです。そのためには枠組み重視、全体スキームが全てのカギを握るのです。

そう思うと、個々の細かいトラブルはさほど気にならなくなりました。
その分強烈なクレームを貰うことも増えましたが。真面目に取り合ってないと。そりゃそうだ。片手間以下だもの。

出来ることが増えてくると、他人の出来ない部分が目につきます。
知らぬ間にレールの上に乗せる指導が出来たら一人前の詐欺師だ。





冷蔵庫が涙するのを見たことはあるか。

ちょっとおちゃめな失敗を致しまして。久しぶりに怒られました。でもいいじゃん、節電なんだもの。

僕はうちわ主義者なのですが、
敗北主義者達は卓上扇風機とかハイテク製品を使っています。本末転倒だ。消費電力は微々たるものですがね。

ポロシャツ解禁以降、課長とか呼び出し率の低い連中はラフな格好で仕事しています。
うちのフロア、人口密度高いから気持ち悪い暑さになるんですよね。

例年7月の定期異動。それだけでも変わっていると言われるうちの会社ですが、今年は地震のせいで8月になりました。今、まさに、異動の真っ最中で地獄のような忙しさです。んで暑いとか。湿気が酷いとか。いじめか。

今度の上司はシンガポール帰りです。
先輩もメキシコ異動ですし、随分とグローバルな当部。何気に若手で最も外国語ができないワタクシです。
いいよね。海外。カンボジアとかでも文句いわないから働いてみたいわ。

うちの会社は英語が達者な人、すごく多いのだけれど、
何故かそういう人って海外勤務を嫌がるので宝の持ち腐れだったりします。
今がチャンスということで、研修性枠とか応募してみたい気持ちになってきました。なんて単純な…。

メキシコにいく先輩は、スペイン語を学びに現地の学校に通うんですけど、その時点で???ですよね。なぜスペインじゃないのかと。
マレー語とかアラビア語とか無茶なコースもありますけど。10年経ったらわからないじゃないですか。ねえ。







仕事か飲み会しかないです。このところ毎日。
社畜ばんざいというか。
空っぽな感じですね。

英語の勉強とかしたいんですけど。
帰って来てから始めても机に向かっているだけでさっぱり効果が無い。やはり朝の方がいいのだろうね。朝に弱いニンゲンはもうどうしようもない。

そもそも喋る力なんて、日本語でだって足りてないよ。馬鹿じゃないの。
posted by Teddy at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217218955

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。