2011年08月07日

くたびれの週

土日をフルに遊んでいる同期とかみて羨ましく思います。
休日のサラリーマンほどやる気のない生き物はいない。キャッチボールする暇があるなら眠っていたいパパの心境といいましょうか、なんだかとってもやる気が出ないのです。

暑いっつーのもありますが。
車に乗っていても暑いと感じるくらいだから相当です。

漫画読んだり映画みたりくだらないことして時間を潰しています。

人生は死ぬまでの暇つぶし。

恐ろしい言葉ですね。





定期異動の前後ということで忙しい毎日でした。
明日からは続・めんどうくさい日々というか、つらい感じになりそうです。
ぼーっとしていたい。

そんな些細な願いのはずなのに。

案外満たされないもんだから不思議だよね。
メンタルのコントロールが上手なひとを尊敬するわ、マジで。

posted by Teddy at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

コーヒーブレイクが必要

フレームワークとか、フローチャートとか、あんまり好きじゃないんですけど。
いざ仕事をしていると結局そこに辿り着くということを学習しました。

今週からようやく元の仕事に戻り始めたのですが、
見事に二足のわらじ状態で早くも死にそうです。

誰が何をして、結果何が問題となるか。

仕事なんていうのは日々試行錯誤の繰り返し、
エラーが起きては火消しに奔走する毎日です。
人間を1人の燃料だと考えたときに、
個性を無視してどれだけ数量で表現できるか。優秀なマネージャーの考える業務効率とはそうしたものです。そのためには枠組み重視、全体スキームが全てのカギを握るのです。

そう思うと、個々の細かいトラブルはさほど気にならなくなりました。
その分強烈なクレームを貰うことも増えましたが。真面目に取り合ってないと。そりゃそうだ。片手間以下だもの。

出来ることが増えてくると、他人の出来ない部分が目につきます。
知らぬ間にレールの上に乗せる指導が出来たら一人前の詐欺師だ。





冷蔵庫が涙するのを見たことはあるか。

ちょっとおちゃめな失敗を致しまして。久しぶりに怒られました。でもいいじゃん、節電なんだもの。

僕はうちわ主義者なのですが、
敗北主義者達は卓上扇風機とかハイテク製品を使っています。本末転倒だ。消費電力は微々たるものですがね。

ポロシャツ解禁以降、課長とか呼び出し率の低い連中はラフな格好で仕事しています。
うちのフロア、人口密度高いから気持ち悪い暑さになるんですよね。

例年7月の定期異動。それだけでも変わっていると言われるうちの会社ですが、今年は地震のせいで8月になりました。今、まさに、異動の真っ最中で地獄のような忙しさです。んで暑いとか。湿気が酷いとか。いじめか。

今度の上司はシンガポール帰りです。
先輩もメキシコ異動ですし、随分とグローバルな当部。何気に若手で最も外国語ができないワタクシです。
いいよね。海外。カンボジアとかでも文句いわないから働いてみたいわ。

うちの会社は英語が達者な人、すごく多いのだけれど、
何故かそういう人って海外勤務を嫌がるので宝の持ち腐れだったりします。
今がチャンスということで、研修性枠とか応募してみたい気持ちになってきました。なんて単純な…。

メキシコにいく先輩は、スペイン語を学びに現地の学校に通うんですけど、その時点で???ですよね。なぜスペインじゃないのかと。
マレー語とかアラビア語とか無茶なコースもありますけど。10年経ったらわからないじゃないですか。ねえ。







仕事か飲み会しかないです。このところ毎日。
社畜ばんざいというか。
空っぽな感じですね。

英語の勉強とかしたいんですけど。
帰って来てから始めても机に向かっているだけでさっぱり効果が無い。やはり朝の方がいいのだろうね。朝に弱いニンゲンはもうどうしようもない。

そもそも喋る力なんて、日本語でだって足りてないよ。馬鹿じゃないの。
posted by Teddy at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

手に取るようにわかる

深夜にかかってくる電話にろくなものはありません。
殆ど酔っぱらいからの入電です。たまに母とか居て。死んでください本当に。

この人がどうして電話をかけてきたのか。
その気持ちが手に取るように分かります。
要約すると楽しくなったからなのだ。

長電話が好きな人とは仲良くなれそうにない。





課から上二人が居なくなるので今年も大騒動です。
地震の室長でしょ、賠責と財産の半分を統括でしょ、後輩の指導員でしょ…絶対に1人の業務量じゃないよね。
勉強する時間がなくて死にます。
無駄話は嫌いだ。結論だけ喋れという厳しい上司の気持ちがよくわかりました。

所詮この世はイエスかノー。
オレの前にはイエスだけ持ってこい。そんな感じ。
posted by Teddy at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

礼節

うちに評判の2年生がいます。残念ながら悪い方の、ですが。

仕事っぷりは破天荒。与えられた仕事は全て苦情にし、上司が頭を下げて対応する傍らでわたし悪くないと逆ギレする。そうだね。君が悪いのは態度じゃなくて頭の方だね。体調が悪いと言っては離席を繰り返し、イライラしたからの一言でトイレの壁を蹴り壊す。中学生を超えるな。その現実は。
そして何度教えても覚えない麗しき知性!知りませんでした、聞いたことがありません、忘れてました。少し捻って、メモを取ることを忘れてました。応用編で、どこにメモを取ったか忘れました。「私が馬鹿だからいけないんですよね」。ええ、ええ。そうですとも。正しく。すごいな。それさえ忘れるのか。何度も言ってるのだけど!馬鹿だね君はと!こんなことも覚えておけないのかと!そうか、忘れられるのか。なんて羨ましい。

見た目はきつめの顔してますがモデル系というか、まぁ世の男性が10人みたら7、8人は美人だと答えると思います。やや篠原涼子入った感じの。

常識外れの常識を備えた美人な彼女。想像違わず、いかにも甘やかされて育ったようで、ちょっと想定外にズレてます。日本語での意思疎通が難しいと感じるくらいに。

責任感のカケラもない彼女ですが、
昨年末には入籍の2週間前に上司へ結婚を報告し、恐ろしく勝手なスケジュールでハネムーン休暇を取得していました。私は遠慮したんだけど周りの先輩が薦めるから仕方なく結婚休暇を頂きました、みたいな彼女の言いぶりはマジでグーパンしてやりたくなるくらい気持ち悪いかったです。

いやもう諦めているのだけどね。

最近、それでもぎょっとする出来ごとがあったので少し。





どうも妊娠しているらしいのですが。
周りに明かしていないのです。
社外関係者の、すごくよくわからないところから話が漏れました。

同じコミュニティの人<一期一会の人

という図式が彼女のルールにあるのかもしれません。何気なく通りかかった殆ど他人の知り合いにだけ打ち明けるその心情。想像するだけで恐ろしいのですが、きっと彼女が周りに明かしていない理由は「打ち明けるのが何となく気まずい(もしくは気恥ずかしい)」程度のものです。

自意識過剰も甚だしいというか。
そんなこと気にしてもらえると思っているんですかねえ、この子。

感情的にどうとか、いいから。別に。何より先ず職場の仲間には伝えておくべきではないのかい。
出産を機に休職するのか、育児休暇を取得するのか、あるいはいっそ退職するのか知りませんが、いずれにしても続投不可能なわけじゃないですか。後任どうするの。引き継ぎどうするの。というか、要するに。自分の後始末をどうするつもりなのか。アタマ狂ってるんじゃないかと本気で驚いてしまった。

これがゆとりかと。いやいや、隣の課の2年生は極めてまともだしな…。
異端なのでしょう。ミュータントだ。
仕事が出来ない人と机を並べることは我慢できるけど、
人外と一緒に頑張るのは無理だぁ。僕にはもう無脊椎動物と同類に見える。





最低限の礼儀ってあると思うんですよ。
責任というか。あるでしょう、自分で果たさなきゃいけない領分って。

そんなの教わるものではないと思うし、教えるべきでもないと僕は思います。学ぶものだ。自ら。

なんだか陰口っぽくなっちゃったけど悪しからず。気分を悪くした人がいたらごめんなさいね。
でも僕は正直に殆ど書いたままのことを「馬鹿じゃないの」って本人にも告げてますからきっと陰口ではない。単に僕のくちが愚かしいだけなのでしょう。おお神よ。赦さなくてもいいけどごめんなさい。
posted by Teddy at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

自動的

犯罪を暴きたてたのはいいけど、
後味が悪い思いを引きずっている今日でした。
気分が乗らない時ってあると思うんだけど。まぁそんな感じでさ。

先週末は後輩さんに遊んでもらいました。
どうもありがとう。

四年生ですとかいって、調子乗りましたけど。
はてもうそんなに経つのかと驚きました。だって、後輩がみんなOBってどういうことさ。

光陰矢のごとし。
光が矢の速度なわけねーだろとか無粋なことはさておき、早いものですね。

そりゃメキシコ行きたいとか思うわ。思わねーけど。





学生さんと話していて感じるのは、見えている範囲の違いでしょうか。
僕も昔はそうだったハズなのだけど。
こうしてみると不思議だ。随分と違って見える。

ご存じの人も多いでしょうが、僕はこんな為りしてますからよくおちょくられるのですが、
それでも学生さんとの違いに自惚れる程度の経験値は稼ぎました。

単純に触れているものの差異なのだと思いますが、
彼ら、彼女らの判断には瞠目する。かわいいもんだね。

まあ一年も働けば誰しも、というところではあるし、
偉そうに比較してみたところで具体的には酒のつぎ方とか話題の振り方とか目線の合わせ方とか、そういうはしっこい違いしか無いのだろうけど。その純粋さは素敵だ。

自動的に決まるものなんてない。
選ぶから先があるんだって、彼らをみてるとそう思う。





会社財形の募集が今年も始まります。
お金に余裕が出来たら、とか思ってましたけど。預金金利が複利3.3%なら早く始めた方が圧倒的に得であることに気付き後悔しています。
家は買わないだろうな派で、住宅財形とかはさしたる魅力を感じないのですが。利率や免税以上に奨励金の利幅が厚い。

でも微妙に昇給したとはいえこれ以上手取りにマイナスかけるのはやだなぁ。
そんなことだから貯金が出来ないダメな大人。キャッシュフロー計算書とか自前で作ったら自殺したくなる結果が待ってると思う。

何年か先の自分を考えるって、
ソロバンも弾いておくべきだと思うの。
例えば30歳で区切ったとして、一般的にはどのくらい資産形成しておくのだろうね?




posted by Teddy at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

7up

寒暖の差が凄まじいこの頃です。
一気にビアガーデンの季節になりました。暑いから行かないけど。なんて矛盾…。

会社の自販機に何の気紛れかセブンアップが入りました。
おお、まだ売ってるのかコレ。
感動のあまり、歯科治療中であるにも関わらず飲んでしまった金曜日。思い出の味がしました。嘘。ただの微炭酸ジュース。

甘い。喉が渇く!

塾の夏期講習といえばサントリーのウーロン茶とぶどうパンで生きていたワタクシ。今にして思えば昼食代300円支給は結構酷だったのではないか母上殿。まぁいいんだけど。とにかく、僕には炭酸飲料を好んで飲む時代が無かったわけなのですが、変な飲み物を見つけては飲んでしまう愚かさだけは持ち合わせておりましたので、ドクペのある自販機の場所とかお店とかどうでもいいマッピングに励んでいた時分がありました。そうです、学校の傍の潰れそうな99円ショップには得体のしれないジュースが置いてあったものでした。今はマジで潰れたようですが。。。

いえね。セブンアップもそんな折に飲んだジュースだったわけなのですけど、
僕が知らないだけで別にマイナーでも何でもないという話は後で友人から聞きました。
ダーツバーとかボウリング場とか行くと普通に置いてあるんですよね。スプライトとかファンタじゃなくてセブンアップ。何故なんでしょう?

販売元がとか営業エリアがとかそういう現実的な話は置いといて。
子どもの頃はコカコーラの自販機とペプシコーラの自販機を不思議に思ったりしたものでした。今はないのかな、そういうの。

おお。なるほど。
こうしてアラサーとか呼ばれる存在になっていくわけですね。いや足突っ込んでますけどサ。





震災対応もようやく下火で、
近頃は被災者ぶったクレーマーを懲らしめるのが僕の仕事になりつつあります。
いやまぁ、お客様はお客様ですから、きちんと対応いたしますけど。
どうしてあの手の人種は、パンフレットに書いてあることと違う!と切り出してくる癖に淡々と事実を追求していくのを嫌がるのだろう。

義理や人情で契約内容が歪んで見えるものかよ。

入りたてのバンピちゃんなのに社内社外問わず媚びへつらわない姿勢はきっちり対人評価で減点くらっていたりしますが、僕はまだ未熟なのでいい顔して酷いことするほどのスキルはありません。

正しいと思うことを正しいと思うように。

指示とか許可とか組織運営の中では大切ですけど、
黙って従う人間が欲しいならアルバイトでも雇えばいいわけで。極端なこというと、言うこと聞かないことが僕の存在意義みたいなものだと勝手に思って勝手に仕事をする毎日です。自己実現って素晴らしい。
会社のいいところは容赦しなくていいことですね。

誰が困って、誰が得する。
関係ないじゃないですか、そんな話。むしろ変に肩入れする方が不誠実です。たった1人に傾くということは、これまでの1万人を袖にする話です。ん、例えがよくないな。つまり不公平だと、思うわけなのだけど。

可能な限り機械的・合理的に。
それでいて人間味のある対応を。

よく言うじゃないですか。誠意を見せろって。いや、僕はよく言われるんですけどね。
別に示し合せたわけじゃないだろうに、この手の発言をする輩が示す誠意とは=お金、日本銀行券のことで、僕らとしてもてっきりその多寡を言ってのことではないかと誤解してしまうのだけど。
いやいや、彼らは真実正直に要求している。誠意を見せろ。つまり見せ方が重要なわけ。幾ら金を積んでも、厳密には金は金であって誠意じゃないから見えないってことなんだろうね。ばかばかしい。

演出次第で誠意なんてものは勝手に出来上がるわけです。
ならばこそ。
包む”商品”は公平でないとね。





セブンアップやドクターペッパーを見つけて喜んでいた頃にはこんなこと考えなかったのになぁ。
今更炭酸ジュースなんか飲んで、美味しいとは思い難いけど、
なんていうか、はっとさせられるんですよね。

麻薬でも入ってンじゃねーのかー?おー?
posted by Teddy at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

投資

カネは天下の回りもの。
しかし廻すの結構大変です。

僕みたいな無精者は、放っておくことは得意なのだけど。
それって無駄にしているのと変わらないというか、使ってないんですよね。究極的に。

使わないんだったら要らないじゃないかと。
悲しい真理に辿り着きます。

寝かせておくだけでは勿体無い。

ああ、こうしてカモが生まれるのだなと。
ヒトサマの欲望は際限が無いね。





難しく考える暇のない人間は、
毎月定額で預金するとか、そのくらいしかやることがないのだけど。
ちまちま買い足した外貨は、平均レートが均され過ぎて損得がわからない状況に…。考えなしにもほどがある。
年金も確定拠出のほうは1敗9勝くらいなのですが、1敗があがりの9割くらいを持っていってるのでほぼ増減なし。元金通りの状態です。意味があるのか、そんな運用に。

減らないだけマシ。
日本人の大勢を占めるこの発想がこの国を赤字国債国家に貶めています。

預金は銀行とってみれば負債です。
借金で首の回らない町工場のおやっさんは金貸し風情が何を偉そうにと銀行屋さんを揶揄しますが、
まさにというかなんというか。
そうです、銀行屋は貸し付けてナンボ。それが彼らの売上であり収益です。

時には要らないといっても貸し付ける。ちょっとヤクザっぽい商売なわけですが、
そうしなきゃ儲からない背景には預金という重たい枷があるからです。
行き場の無いお金はとりあえず銀行預金になる。
銀行屋さんは黙っていても借金が増えるわけです。それこそ借りたくもないお金を借り続けているような状態で。おまけに金利なんていうものも取られる。そりゃあ多少強引にでも貸し付けてこないと損するばかりだよね、なんてのは阿呆でもわかる理屈です。実際はそんな単純じゃないけどさ。

それに多くは預けるなんて感覚はないと思うんですよね。
貯めておく、手をつけないでおく、放っておく。どちらかといえば考えなしな感じ。
お陰で銀行屋さんはせっせと国債を買い集めるわけですよ。

まぁ別に誰が悪いわけでもなく。
そういう仕組みで世の中が出来上がっているというだけなのだけど。
損をしても得をしてもいいから、
お金は使わないと物事が前に進まない。

何も消費するばかりが使い道ではないのだけれど。
お金を上手く使うっていうのはすごく難しいことなんだろうね。





自己投資。
いい言葉だと思います。
このご時世では英会話あたりが無難でしょうか。ジム通い、なんていうのもいいかもしれませんね。
息の長い取り組みと言うのは、要る!と思う前に準備をしておくべきなのでしょう。

こんなこともあろうかと、3年前にタガログ語を覚えておいて良かったゼ!

なーんてことがあるかも。ないか。ないなぁ。

しかしマジで銀行の金利がカスみたいなので、
お金は別のものに動かしておこうと思います。
posted by Teddy at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

近況報告とは異常を知らせるサイクルである

便りが無いのは元気な証。
わざわざ報告してくるってことは、よほど特別なことがあったか、あるいは暇だったのか…。

僕の場合は殆ど後者でしたけれど、
さぼって記録していませんでしたね。反省。

震災からほぼ3カ月。
平常モードに以降の月だと勝手に思っているのですが、
ぼちぼち手が空きだしたので今度こそ東北にぶっ飛ばされるかもしれないという不条理な出張命令があるかも。まぁこれまで散々引き籠っていたからバランス調整なのかもしれないけどさ。

あとは天候不順が気持ち悪いですね。
寒かったり暑かったり。
そろそろ暑いだけの季節になるのかな。全く。夏とか滅びればいいんだよ。毎度のことだけれど。

去年から狙っていた羽のない扇風機をかいました。
値段相応の魅力があるのかはまだわかりませんけど。
見た目にワクワクするからいいんだ。満足してる。

どうせ日頃コーヒーくらいしか買う物のない僕です。
この夏はエアコン少なめに過ごせればいいな。





雨、急に来ましたね。
もう3週間くらい車が汚れっぱなしなのですが。やはり白は目立つ。
カバーをかければという意見もありますが、敷設が面倒な上に汚れたそれをしまっておくスペースが確保できません。

結局、都度洗うしかないのですが。
うーん。

posted by Teddy at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

嘘と嫉妬

嘘をつくのはいけないことだと言う人がいる。

嘘つきは泥棒のはじまり。

人を騙すヤツなんてのは、最低のクズだと。だから誠実に生きなさい。嘘などつかずに正直に―と。
まぁそれはそうなんだろうね。僕にそれを教えた教師が既に嘘つきだという最大の矛盾は置いといてさ。

結局、嘘をつかない人などいないし。
だとすれば騙されるより騙す側に回りたい。
人を騙す奴はと一般化するのは建前で、
本音を言えばオレを騙す奴は悪だ―とそういうことなんだろうと思います。

嘘つきの中にもいろんな人がいる。
呼吸をするように嘘が出てくる人。明確な悪意を以て嘘をつくひと。嘘を嘘と自覚していないひと。などなど。言語なんて、わかったようでわからないツールでコミュニケーションをはかるのが人類です。誤解曲解なんでもあり。新説、人類は実は宇宙人だった!みたいなトンデモ話、だってそれって普通の話でしょう?

僕が確実に嫌いなのは、無自覚な嘘と悪意のある嘘だ。思わずそれは嘘だぁと指をさしてしまいたくなる。たとえそれが電話越しでもね。
悪意がなければ赦されるなんてのはとんだ勘違い。むしろ目的意識のはっきりした悪党の嘘のほうが理屈が通っている。

嘘じゃない、信じてくれ。

信じるよ。それは嘘だ。
ひとかけらの疑いもなく嘘だと信じた上で聞いてやる。それで、何の話だっけ?





時計を壊したショックのあまり、時計を買いました。これはもう意味がわからない。
いえね、スペアのクォーツは親父に借りパクされて、年季の入ったGショックは時計自体無事だけと表面のゴムが劣化して破損して、どうにもならない感じだったわけですよ。

そこで新しいGショックを買うところがいかにも僕だ。丈夫だぞぉ。象が踏んでも壊れないんだぞぉ。
象は意外に慎重派だからGショックが道端に落ちていても踏んだりしないという説もあるが。どうなんでしょう。

時計は不思議です。いいものを見ると際限がない。
宝石に夢中になる気持ちはさっぱりわかりませんが、
アナログ時計のメカニカルな機構やユニークなデジタル時計のデザインにはにやにやするものがありますね。

実は腕時計って下着やメガネより確実に長く付けている部品なんですけど。
最近は時計が無くても平気だっていうんだから不思議だわ。
忘れるとかあり得ないんだけど、つけてないと落ち着かない。すっごいそわそわする。強迫性神経症みたいに。

そういう意味では腕に巻きつけられるならなんでもいいはず。
でもなんでか、
同じようなデザインの時計を好むんですよね。不思議。

時計を趣味にすると高いから、
せっせとへそくりを貯めて納得の一品を購入したいですね。





靴、かばん、メガネ、時計。
なんだか身の回り品ばかり買って、はいおしまい!みたいな買い物が多いです。
社会人なんてそんなものよね。
欲しいもの買っても使う機会がないというのは切ないもんさ。
posted by Teddy at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

水はこわいよぅ

昔から寝起きサイアクなワタシ。
今朝も呆としてまして、シャワーを浴びた際に外した腕時計をそのまま洗濯機に放り込み、回してしまいました。
まぁそれ自体は。あれだ。普通のアクシデントなんですが(そうか?)。
不幸にもリューズが緩んでいたため防水機能が発揮されず、回収したら文字盤が水没していたというね。

おいおいおい。どうしてくれんのよさ。

テンションだだ下がりですぅ、もーぉ。アホかこの馬鹿たれめがっ!

一日不幸な気持ちで過ごして、修理に持って行きました。その額約3万円。何かの冗談かと。
頑丈な時計は壊れにくい半面、やられてしまうと直すのが大変です。

たぶん保険が効く類の事故ですけど、
内容からしてモラルくさいのは間違いないのでいかに真実だとして報告しづらい…。





おまけに歯医者です。ドリルしてきました。
結構でっかく穴を開けたので違和感が強いです。
この子が大物だったのですが、削り過ぎて来週まで仮蓋でもつのか、とても心配だ。

あがーってくちを開けていたら、だんだん疲れてきたのと麻酔が強かったのとでほほが引きつりまして。すごいぴくぴくしていたのね。

そしたらさ、

「はーい、楽にしてくださーい」

とか言われるわけです。

ふむ。なるほど、と思って楽にするじゃないですか。するとくちが閉じるわけですよ。

「はーい、開いてくださいねー」

となるわけです。よっしゃ。あがーっとくち開くじゃないですか。するとまたくるわけですよ。ぷるぷるが。ぴくぴくが。

なんだこの無限連鎖は。びっくりしたよ。

そして歯医者さんの治療よりも歯科衛生士のお姉さんの容赦ない感じが印象的です。歯形とるときに、なんかぐにぐにしたものを噛まされるのですが、今日のお姉さんは一休さんみたいなことを言うわけです。

「軽く歯でささえてください。噛み過ぎないように、でも崩れないようにしてくださいね」

挙句、椅子を寝かせてタイマーセットの放置プレイ。軽く噛んでしかも崩れないようにって、上向かされた状態でゲル状のものをくちに放置されたらそりゃもう「私を食べて!」といわんばかりに垂れてくるじゃないですか。おおこりゃいかんと噛むわけだ。噛み過ぎか?っていうか噛もうが噛むまいがすっごい垂れるよ。飲んじゃうよ。

「はぁーい、とりますよー。」

「…。」

「はぁーい、もう一度いれますねー。今度は椅子、おこしまぁーす」


何の説明もなしにやり直しに入ったお姉さんが素敵です。いや、下の歯型は二つとる必要があったのでしょう。きっと。っていうか最初から椅子はおこしとけ。

んで。

時間がかかっちゃったからだろうけれど、剥がす時も痛いかどうかとか確認せずに、「はぁい、動かないでくださいねー」とか言っちゃってぐいぐい引っ張るわけ。今日は削ったときに出血致しまして、正直に言えば痛かったんですけど。お姉さんの目がなんだか実験動物を見るようなアレだったので涙目がまん。

どきどきしたよ、ほんと。

歯医者なんて行くもんじゃないですね。
飯抜きだからってチョコレート舐めてる場合じゃないよ。





それにしても時計がショック過ぎます。
寝ぼけているのはもう諦めてますけどさ。朝から洗剤にまみれる覚悟があれば無事回収できただろうに。

みなさんも事故には気をつけましょうね。あと保険は入っておいた方がいいと身を以て体験致しました。洗濯しちゃう例は稀かもしれませんがねー。
posted by Teddy at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。